JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ)

JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ)は「陽気ぐらし」の手がかりとなる記事を厳選した、キュレーションサイトです。

天理大硬式野球部 2季連続 21回目の リーグ優勝

天理大学硬式野球部は、10月16日の阪神大学野球秋季リーグ第7節1試合目の甲南大学戦に勝利し、2季連続21回目のリーグ優勝を決めた(写真)。

春季リーグで優勝した同部。就職活動などで最上級生が引退するなか、岩本大輔・新キャプテン(3年)のもと、「成長」をテーマに掲げて始動した。
エースは、力強いストレートが武器の井奥勘太投手(4年)。3年生の春から秋にかけて急成長し、冬には大学野球の日本代表候補メンバー入りを果たした。

また、堅実な守備が持ち味の吉田元輝二塁手(2年)と身軽なプレーで広範囲を守る友杉篤輝遊撃手(3年)の二遊間の守備は堅く、投手陣を援護する。

一方、打撃面では、友杉選手や渡邊愛世選手(同)など、クリーンアップに長打者がそろう。
秋季リーグ開幕戦となった9月5日の追手門大学戦。先発の井奥投手が七回までを4安打無失点に抑えて2‐0で勝利。続く第2試合も白星を重ねた。

第3節の神戸国際大学戦では、初戦を6‐0で完封勝利すると、2戦目では先発に1年生の斎藤佳紳投手を起用。斎藤投手の好投もあって、天理大がリードを奪うと、その後は2年生3投手の継投により5‐0で勝利した。

藤原忠理監督(56歳)は「後半戦に向けて連戦が続くので、ここで一度、投手陣の様子を確認したかった」と話す。
こうしてリーグ1位で甲南大との最終節を迎えた。

初戦、先発の井奥投手が六回まで相手打線をヒット2本に抑えると、その裏、天理大は1アウト一、三塁の場面で5番・岩本主将がタイムリーヒットを放ち、2点先制。その後も打線がつながり3‐0とすると、井奥投手は後続をピシャリと抑え、無失点で勝利。同日、リーグ2位の大阪産業大学が敗れたため、天理大のリーグ優勝が決まった。

翌日のリーグ最終戦を9‐7で勝ち、秋季リーグを10勝2敗で終えた天理大。チームからは、井奥投手が最優秀選手賞と最優秀投手賞を、吉田選手と友杉選手がベストナインを受賞した。
藤原監督は「リーグ戦で勝ち進みながら成長していくことを目標に臨んだ。優勝できたのは、選手たちが戦いの中で経験を積み、着実に成長してくれたからだろう」と語った。
なお、天理大は10月31日から行われた「関西地区大学野球選手権」兼「明治神宮野球大会関西地区代表決定戦」に出場。11月3日の第2代表決定戦で龍谷大学と対戦したが、1‐5で敗れ、明治神宮野球大会への出場は叶わなかった。

ラグビー日本代表遠征メンバー入り天理大ラグビー部出身の2選手

天理大学ラグビー部出身のファウルア・マキシ選手(24歳・クボタスピアーズ船橋・東京ベイ所属)とシオサイア・フィフィタ選手(22歳・花園近鉄ライナーズ所属)がラグビー日本代表に選出された。

日本代表選手団は欧州遠征に出発し、11月6日のアイルランド代表などと戦う。

なお、フィフィタ選手は10月23日に行われたオーストラリア代表戦でもメンバーに選ばれ、先発出場を果たした。

ラグビーA級公認レフリーに天理高ラグビー部OB 立川誠道さん

先ごろ、2021年度の日本協会公認レフリーが発表され、天理高校ラグビー部OBの立川誠道さん(36歳・但八分教会みちのり布教所ようぼく・天理市)がA級公認レフリーとなった。同レフリーは、国際試合を含む、国内で行われるすべての試合を担当できる。

 

天理時報2021年11月10日号 掲載