JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ)

JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ)は「陽気ぐらし」の手がかりとなる記事を厳選した、キュレーションサイトです。

天理大学合気道部「全日本学生大会」 団体・個人3種目優勝

天理大学合気道部は10月30、31の両日、天理大学体育学部武道館で行われた第52回「全日本学生合気道競技大会」に出場。乱取競技女子団体戦をはじめ3種目で優勝した(写真)。

昨年の地方および全国大会に加えて、今年6月の「関西学生合気道競技大会」も中止となった同競技。コロナ禍で練習に参加できない選手が出るなか、東原壮佑・男子主将(4年)を中心に「不言実行」を合言葉に掲げ、常に前向きな姿勢で練習に取り組んできた。

本大会に向けては、例年に比べて練習時間が十分に取れないことから、基本となる「受け身」を重点的に繰り返した。さらに、コロナ下で選手同士の接触が禁止されていた間は、走り込みなどの基礎練習に重きを置いてきた。

また、大会当日の1週間前からは連日「チームがそろって大会に出場できるように」と、本部神殿でお願いづとめを勤めた。
乱取競技女子団体戦では、初戦を2‐1で勝利。続く決勝戦でも2‐1で勝ちを収めて優勝した。

一方、演武競技男子対武器では、東原主将・是常優心選手(2年)ペアが優勝。東原主将は乱取競技男子個人戦でも頂点に立った。

東原主将は「コロナ下でいつものように練習できない日が続いたものの、後輩たちが、しっかりついてきてくれたおかげでチームがまとまった。男子は団体3位に終わったが、全体として満足のいく結果になったと思う」と話した。

 

近畿大会ベスト4-天理高校野球部-

 

天理高校野球部は、先日行われた「高校野球秋季近畿地区大会」に出場。準決勝で大阪桐蔭高校に敗れたものの、ベスト4入りを果たした(写真)。

今夏、県大会準決勝で敗れた同部。その後、1年秋からレギュラーとして活躍してきた戸井零士・キャプテン(2年)のもと再出発。3年連続の「選抜高校野球大会」出場を目指すなか、県予選を3位で終え、近畿大会への出場権を得た。

滋賀学園高校との初戦。天理の先発は身長188㌢の技巧派右腕・南澤佑音投手(同)。八回まで無失点の好投を見せたが、九回に2点を返され、同点に。延長十回表、戸井主将がタイムリーヒットを放ち、3‐2で勝利した。

続く市立和歌山高校戦では相手のエースを打ち崩し、5‐1で勝利。近畿大会4強入りを決めた。
準決勝は、強豪・大阪桐蔭高校と対戦。天理高は三回まで1‐0とリードしていたものの、相手打線の2巡目以降を抑えることができず、1‐9で七回コールド負けを喫した。

中村良二監督(53歳)は「大阪桐蔭は、すべてにおいてワンランク上だった。さらなる高みを目指せるよう、きょうの敗戦を来年につなげたい」と話している。

天理時報2021年11月17日号 掲載