JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ) - あなたが陽気に 世界を陽気に

JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ)は「陽気ぐらし」の手がかりとなる記事を厳選した、キュレーションサイトです。

第5回:わが子のやる気スイッチはどこにある?

山﨑洋実HAPPY MOMMY プロデューサー&コーチ


某社のCMを見て、わが子の「やる気スイッチ」を探したことのある人も多いはず。
宿題や予習復習、習い事の練習に部屋の片付け。やらなければならないことがたくさんあるはずなのに、まったく手を付けないわが子を目の前にするとどうしてもイライラしてしまいますよね。「早く宿題をやりなさい!」「すぐにピアノの練習をして!」などとつい怒ってばかりのママも多いのではないでしょうか。

やる気スイッチを押すのは子供自身

そもそも、うちの子にはやる気スイッチなんてないのかも……? そんな声も聞こえてくるようです。でもね、安心してください。どんな人も必ず、やる気スイッチを持っているものなんです。ただし、そのスイッチを押せるのは自分だけ。親や周りの大人たちがどんなに強く「押したい!」と願っても、代わりにスイッチをオンにしてあげることはできません。その子のやる気スイッチはその子にしか押せないのです。

子供が自分でやる気スイッチを押すときは必ずきます。それは、その子自身が「あんなふうになりたいな」と夢や目標を持ったときと、「このままだとマズい」と危機感を持ったときです。そういう事態に直面して初めて人は「よし、やるぞ!」と思うもの。「やる気を出しなさい!」と命令されてやる気が出る人はいませんよね。親としては、早くスイッチを入れればいいのに……と言いたくなりますが、残念ながらたとえわが子であっても、他人の感情や人生をコントロールすることはできません。

最近忙しかったし、今日こそリビングの掃除をしなくちゃ。こんなふうに思っていた矢先に、ご主人から「いい加減、掃除をしたら?」と言われてイライラムカムカ。もう今日は掃除なんてしたくない!! 皆さんもこんな経験ありませんか?

人間は、自己決定をしたい生き物です。どんな小さなことでも「自分で決めた」「自分で選んだ」と感じたい。誰かに命令されるのではなく自分で決めて主体的に始めたことに対しては、興味や意欲が長続きするものです。それは大人も子供も同じです。人はみんな自分なりのタイミングで動きたいのです。どうしてもやる気を出してほしいことがあるときは、子供自身にタイミングを決めさせてみてはどうでしょう。

「早く宿題をしなさい!」と命令するのではなく「七時から夕ごはんだよ。宿題は何時から始める?」と聞いてみるのです。そして子供が決めた計画を尊重することも大切です。決めた時間になるまでは、ぼーっとしていようとマンガを読んでいようと文句は言わない。「遊んでいるなら、先に宿題をやってしまえばいいのに」と言いたくなるかもしれませんが、それはあなたのタイミングであって子供のタイミングではないのです。

大切なのは信じてあげること

また人間は、自分が有能であると感じたい生き物でもあります。自分はやればできる。特別な何かを持っている。そう自分のことを信じたいのです。私たち親にできるのは「あなたならできるよ」「どんなことがあっても大丈夫だよ」と言い続けてあげること。人間には、無条件で自分のことを受け入れてくれる存在が必要です。ママが子供を信じてあげることで、子供も自分自身を信じられるようになります。「私は掛け替えのない大切な存在だ」という自己肯定感が、「私ならどんなことでもできる」という自信につながるのです。私はこれを「ハッピーな勘違い」と名付けています。そうです。根拠がなくても勘違いでもいいのです。「できる」と言われ続けていれば、できるような気がしてくるものなのですね。

そして、人間には自分が成長したことや努力したことを誰かに認めてほしいという承認欲求もあります。たとえ失敗しても「ここは前回よりも良くなったね」と成長を認めてもらうことで、次もまたチャレンジしてみようと思えます。「何でこんなこともできないの?」というマイナスの指摘ではなく、「こんなこともできるようになったね」というプラスの声掛けを意識してみてください。失敗しようと思ってわざと失敗する人はいません。「何で? どうして?」と失敗の理由を追及するのは意味のないこと。その疑問詞は「どうして成功したの?」「何でうまくできたの?」と、ポジティブな形でだけ使うといいですよ。

自己決定感と有能感、そして他者からの承認。この三つがそろうと、人はやる気スイッチを入れやすくなります。親は、子供がスイッチを入れやすい環境を整えてあげることだけしかできません。子供が「自分で決めたことだから頑張ろう」「自分はやればできるんだ」と思えるようなきっかけをどれだけ作れるか。そこが私たち親の腕の見せどころです!

さんさい


【山﨑洋実(やまさきひろみ)】
HAPPY MOMMY プロデューサー&コーチ。「Fine-Coaching」主宰。結婚後にコーチングを体系的に学び、自身の妊娠出産を経て、「ママのイキイキ応援プログラム(通称:ママイキ)」をスタート。ママ向けコーチングの第一人者として「ひろっしゅコーチ」の愛称で親しまれ、全国の悩めるママたちにアドバイスを送っている。