JOYOUSLIFE ー あなたが陽気に 世界を陽気に

突然ミスが続くようになった

女子高校生
硬式テニス部所属


 高校1年生です。中学で全国大会に出場し、いまはインターハイを目指しています。ところが最近、サーブや簡単なボレーが突然決められなくなりました。こんな経験はしたことがないので、焦っています。


 高校生になった途端、一時的にパフォーマンスが下がることは珍しくありません。
 通学時間が変わって睡眠時間が減ったり、食事の時間が遅くなったりするなどの〝環境の変化〟が、知らずしらずのうちにスポーツのパフォーマンスにも影響していると考えられます。
 新たなチーム内での人間関係など、これまでと異なる緊張感もあると思います。
 おそらくあなたのミスや不安は、あなたの実力が原因ではないと思いますよ。まずは「高校生活に慣れることから始めてみよう」といった軽い気持ちで臨んでみてください。

インターハイまでの自分なりのビジョンを考えていたので、最近は、試合でのミスをとても恐く感じています。

 では、まず目標を設定してみましょう。勝ち負けではなく、「○○だけは成功させよう」という試合中の目標です。
 試合での勝敗の行方は、自分の力だけではどうにもならないことがたくさんありますよね。でも、自分の行動は自分でコントロールできます。
 試合に向けた練習でも「ボールから目を離さない」など、達成しやすい課題を細かく設定しましょう。仮にできなくても、「できなかった」ではなく、「今日はサーブが○本入った」と、できたことを振り返る時間をつくることで、失敗することの不安よりも、挑戦することの楽しみに気持ちが向きやすくなります。

回答者:西田 円 スポーツメンタルトレーニング指導士(天理大学講師)

天理時報2017年7月23日号掲載

この記事に関するオススメ記事はこちら



1